IHで使えない鍋を使えるようにする驚きの100均アイテムとは?

100均

近年キッチンのコンロにIHを選択するご家庭が増えていますが、使える調理器具が限られてしまうのはIHの残念な点ですよね?

おでんや寄せ鍋など季節もののお鍋を作りたいときは、土鍋を使って雰囲気も楽しみたいものですが、土鍋はIHに対応していません。

そんな時、100均で手に入るアイテムを使うと、IHでは使えない鍋を使えるようにすることが可能なのですが、ご存知でしたか?

今回は、IHでは使えない鍋を使えるようにする100均のアイテムと、使用時の注意点を解説していきますので、ご参考にしていただければと思います。

IHの仕組みと使えない鍋の理由

ところで、年々普及数を伸ばしているIHですが、ガスコンロと違って直接火を使わないところが大きな特徴です。

火が起こらないのに加熱できるのは、いったいどういう仕組みになっているのでしょうか?

IHは「電磁誘導加熱」という仕組みを利用しています。

IHコンロのガラストッププレート下に内蔵されている、渦巻形状のコイルに高周波の電流を流すことによって磁力が発生し、それがトッププレート上の調理器具の底に当たると渦電流が起こります。

この渦電流に対して調理器具の底の部分が抵抗し熱が発生しますので、その熱を利用して調理が可能になるのです。

つまり、調理ができるのは電流を通す材質の調理器具でなければなりません。

IHで使用可能な調理器具の材質は、鉄、ステンレス、ホーローなどで、銅やアルミ、耐熱ガラス、セラミック製のものは使用できません。

冬に多用する陶器製の土鍋も、使用できない調理器具の中に含まれてしまいます。

100均で手に入るIHで使えない鍋を使えるようにする商品

それでは、本来IH対応ではないはずの土鍋は、絶対に使用することはできないのでしょうか?

実は、必ずしも不可能というわけではないんです。

あるアイテムを使うことによって、IHでは使えない鍋を使えるようにすることができるのですが…

何とそんな便利アイテムが、100均で買えてしまうのです!

その驚きのアイテムとは、「ステンレス落とし蓋」です。

IHでは使えない鍋の内側にこの落し蓋を敷くと、IH対応ではない鍋でも使えるようにすることができます。

土鍋ではIHで発生した電流が通らず加熱することができませんが、土鍋を通して中のステンレスの落し蓋が加熱され、調理が可能になるのです。

主な100均で手に入る落し蓋のサイズは以下の通りです。

・キャンドゥ 17㎝
・セリア 18㎝
・ダイソー 19㎝

お試しになるときは必ず、鍋に合ったサイズの落し蓋をご用意ください。

店舗や季節によっては必ずしも上記の限りではないかもしれませんので、お買い求めになる際には各店舗で直接お確かめください。

また、上記のサイズでご自宅の鍋に合うものがない場合は、通販などの100均商品でもう少しサイズの選択の幅が広がりますが、送料がかかってしまうことはご承知ください。

ステンレス落し蓋を使用する際の注意点はある?

上記の方法では、お手軽にIHでは使えない鍋を使えるようにすることが可能ですが、注意点もあります。

元々こちらの方法を実践するために開発された商品は、「ステンレス発熱プレート」というものになりますので、落し蓋は発熱プレートの代用品ということになります。

100均の落し蓋で代用しても材質や形状に問題ないと思われますが、代用品ではご心配な方は発熱プレートの方をご使用ください。

発熱プレートも通信販売等で手に入り、サイズのバリエーションも豊富です。

また、ご紹介させていただいた方法は、ずっと気に入って使っていた鍋が、引っ越し等のやむを得ない理由でIHになり使えなくなってしまったり、それほど頻繁ではないけれど鍋には土鍋を使いたかったりなどの、一時的な使用を想定した場合の方法です。

IHにはIHに適した専用の鍋が販売されており、日常的にずっとIHでは使えない鍋を使い続けることは無理がありますので、あくまでも応急処置的な方法としてお考え下さい。

ちなみに、ステンレス落し蓋を使っても、セラミックスや耐熱ガラスの材質の鍋では陶磁器の鍋のようには温まらず、調理ができないようです。

また、陶磁器の鍋でも鍋底が平らではなかったり、鍋に足がついていたり、厚さがありすぎたりすると使用できないようですので、ご注意ください。

IHの性質上、安全に使用できるように小さいものには反応せずエラーとなりますので、落し蓋のサイズが小さすぎても使用できない可能性があります。

上記のように色々注意点もありますが、IH用の土鍋が使えなくなった時に、元々取り付けられていたプレートをステンレス落し蓋に交換すると、また元通り使えるようになるというケースもあるようです。

ただしこの場合にも、サイズには充分気をつけてください。

鍋のサイズにフィットしないステンレス落し蓋をご使用になると、トラブルの原因にもなりかねないようです。

以上、IHでは使えない鍋を使えるようにする方法をご紹介させていただきました。

まとめ

IH対応ではない鍋は、お気に入りだったり長年使っていて愛着があったりすると、IHでは使えないと分かっていてもなかなか手放せないものです。

IH対応ではない鍋をステンレス落し蓋を利用して使用することは、効率も悪く電気代も余計にかかってしまうのかもしれません。

しかし、問題なく使えるようであれば、次回新しい鍋を新調するまでの間や季節限定のような使い方はありなのかなと思います。

ただし、IHの方にダメージがいかないように、そして危険がないようにという点だけは、くれぐれもご注意くださいね。

落し蓋のサイズが鍋と合わなかったり、鍋の形状がIHと合わなかったりする場合、またIHから異音がするような場合は、無理にご使用にならないでください。

コメント