カーペットの酸っぱいにおい何とかしたい原因お手入れ方法

掃除

お気に入りのカーペットをできるだけ長く使いたいのですが、年月が経つにつれ、不快な匂いが気になってきますね。

そうなんです。その鼻は酸っぱいにおいがします。

カーペットの上に横になろうとすると、その匂いにがっかりします。

リラックスタイムを台無しにするその臭いはどこから来るのでしょうか? また、ニオイ対策はありますか?

カーペットの酸っぱいにおいの対策についてご紹介します。

カーペットの 酸っぱい 匂いの原因は

まず、においの根源を知りましょう。

カーペットから漂う酸っぱい匂い…

菌が繁殖するときに発生します。

カーペットの表面の汚れは目立ちにくいですが、汚れがいっぱいなのです。

人からの皮脂や汗、ほこりや細かいくず、食べ物のかすやこぼれた飲み物の残り物などがカーペットの毛に詰まり、掃除機で取り除くことができず様々な汚れはたまっていきます。

汚れを食べて菌は繁殖し、不快なニオイを発します。

酸っぱい匂いがついてしまった時のお手入れ方法は

では、どうすればこのニオイを取り除くことができるのでしょうか?

実際、この不快な臭いは案外簡単に取り除くことができます。

ニオイを消すと聞いて最初に思い浮かぶのは、ファブリーズやレッシュなどおなじみのデオドラントスプレーですが、使用すると効果はありますが、時間の経過とともにニオイが回復します。

これらの製品の多くは中性ですが、菌が発する匂いの元の物質は酸性の性質を持っています。

したがって、アルカリ性の物質で中和すれば、匂いを消すことができ、基本的な解決策になります。

アルカリ性物質とは「重曹」なのです。

使い方は後で紹介します。

酸っぱい匂いをつきにくくする予防方法はある

この原因は、菌のえさとなる皮脂やほこり、食物のカス等による汚れと、ジメジメした状況です。

そのため、カーペットの表面をまめに綺麗にして菌のえさとなる汚れを除去し、湿気をためないように気を付けることにより、菌の増加を抑制することが可能なのです。

ポイントとしては、カーペットにクリーナーをかけた後、かたく絞ったぞうきんで表面をまめに拭き、汚れをとります。

水のみでは落ちない汚れの場合は、薄めた洗濯用洗剤を使用して拭い取るとい方法もできますが、カーペットの素材によっては洗剤が使えないこともありますので、カーペットについているタグの洗濯表示をよくチェックしてから使用することをお勧めします。

また、重曹を水に溶かしたものを吹きつけるのも、有効です。

こういうどちらの方法も、効果とは裏腹に、湿気ができる原因ともなりますので、水分を蒸発させるために窓を開けて風通しをよくしたり、除湿機を使用したりして湿気をためないことに注意しましょう。

洗濯物を部屋干しすることによって部屋の中に湿気がたまりますので、カーペットのない部屋で干したり、除湿機を使用するなどして湿気を防止することが大事となります。

いつも晴れた日にはまめに窓を開いてお部屋の空気の入れかえするなど、梅雨時には除湿機をかけたりして、湿気を残さないようにしましょう。

カーペットを2回に分けて半分くらいずつ返し、床や畳と面するうしろ側を空気と触れる時間を作るのも、湿気対策になりますので、ぜひお試しください。 。

カーペットの酸っぱい匂い重曹で掃除その手順

重曹は、100均やスーパーなど、いろんなところにありますので、お買いもの時についでにすぐに手に入ります。

用意した重曹を、カーペットにまんべんなくまいていきます。

そのまましばしの間放っておきます。臭いがキツイという場合には、一晩くらい置いた方が効果的です。 しっかりと置いたあと、重曹を掃除クリーナーで吸いとります。

しっかりと、掃除機で吸い取ってください。

たったこれだけでにおいが取れますので、お買い物の時に重曹を購入し、お掃除と一緒に重曹をかけて、ぜひともトライしてみて下さい。

重曹を使用するときのポイントも2つピックアップしておきますね。

・カーペットの種類によっては色落ちするかもしれませんので、使用する前にカーペットのすみに試しに重曹を少しまき、お確かめください。
・カーペットの毛が長いタイプのものに使用するときは、掃除機だけでは吸い取り切れず、重曹がカーペットの毛に絡みついて取れなくなるケースもありますので、粉のまままかずに水に溶かしたのをスプレーした方が良いと言えます。

カーペットのにおいが発生する原因は、この他にも、たばこやペットなどがありますね。

では、最初からにおいを抑えてくれる、除菌・消臭してくれるカーペットってあると思いますか?

近頃では、消臭スプレーを販売しているようなメーカーと共同研究した、除菌、抗菌、消臭効果の高いカーペットも販売されているようです。

カーペットの素材に特殊な処理が付加されていて、匂いが起こる原因を作る菌の増殖を抑え、におい自体がつきにくく、ダニ除け効果もありますから、アレルギーの対策にもなります。 価格は普通のカーペットと比較すると少し高くなってしまいますが、あかちゃんのいるご家庭でも安心して使え、快適に過ごせそうです。

カーペットの材料に特殊な加工が加えられていて、匂いの原因を作る菌の繁殖を抑え、匂いそのものがつきにくく、ダニ除け効果もあるので、アレルギーの対策にもなります。

お値段は普通のカーペットと比べると少々高めになってしまいますが、赤ちゃんのいるご家庭でも安心して使え、快適に過ごせそうですね。

まとめ

カーペットの匂いが生じる原因と、対処、予防法もわかりましたので、菌を繁殖させないためにこまめに対処しながら、重曹を常備しつつその場に応じて使用し、カーペットのお部屋でより気持ちよくくつろいでください。

コメント