解決!風呂場の排水溝の水がたまっている浴室の排水溝つまりの原因とその直し方

排水

お風呂場の排水溝に水がたまって溢れそうになっている時や、なかなか水が引いていかない

時・・・それは排水溝がつまっているサインかもしれません。

排水溝の水がたまるのはナゼ?その原因や対処法をまとめてみました。

排水溝に水がたまる原因とは

お風呂場の排水溝に水がたまって引いていかない場合、排水溝がつまっている可能性があります。

お風呂に入るたびに髪の毛や皮脂、石鹸カス、シャンプーの泡、ゴミなど色々なものが流れていく排水溝。

特に長い髪の毛は排水溝に絡まりやすく、排水管の奥の方で塊となって流れずにつまってしまうことも。

石鹸やシャンプーの油分やカスが排水管に付着し、そこに髪の毛が絡まってつまってしまうこともよくある原因です。

他には、シャンプーを詰め替えた時のパッケージの切れ端やキャップ、ヘアピンや髪ゴムなどがいつの間にか流れてしまい、それがつまりの原因となることも。

大きなゴミは流さないように注意しましょう。

排水溝に水がたまるとどうなるの

排水溝に水がたまると、シャワーや浴槽のお湯が流れにくくなります。

そしてそれを放置していると、つまって流れなくなったお湯が浴槽や洗い場に溢れてきてしまいます。

さらにお湯が溢れたことに気がつかずにいると、脱衣所や階下にまで汚水が行ってしまうという最悪の結果になることも・・・。

完全につまると一気に流れが悪くなり、水が溢れてくるので要注意。

流れが悪い、おかしいなと思ったらすぐに対処するのが良いでしょう。

排水溝にたまった水を抜く方法は

つまっているものを取ることができれば、水が流れていきます。

お風呂場の排水溝のカバーを開けてみましょう。

ヘアキャッチャーに髪の毛やゴミがたまっていませんか?

髪の毛やゴミがあったらティッシュやビニール袋に包んで捨てます。

ヘアキャッチャーを外して中を確認し、こちらにもゴミがあったら割り箸などで取り除きます。

つまりがまだ軽い状態だと、ここのゴミを取るだけで水のつまりがなくなりますよ。

それでもまだつまりが取れない場合は、市販の『液体パイプクリーナー』を使ってみましょう。

液体パイプクリーナーは、つまりの原因となる髪の毛や石鹸カス、脂汚れなどを分解してくれる商品。

スーパーやドラッグストアに安価に売っており、使い方も簡単なので試してみましょう。

液体パイプクリーナーの使い方
1.ヘアキャッチャーや排水溝にある髪やゴミを取り除き、外せるパーツを全て取り外します。
2.排水管の内側にぐるりと沿うように液体パイプクリーナーを流します。
3.使用した液体パイプクリーナーのラベルに記載されている時間の通りに放置します。
4.たっぷりの水をバケツに入れて、勢いよく排水溝に流して液剤を流し込んだら完了です。

液体パイプクリーナーを使う際の注意点

長時間放置してしまうと、溶けた汚れがまた別のところで固まってつまってしまう可能性が。

ラベルに記載されている時間を守りましょう。

使用する際は換気を忘れずにしてくださいね。

皮脂の汚れがつまりの原因の場合は、重曹とクエン酸でもつまり解消に効果が期待できます。

家に常備してある方は、こちらの方法をまず試してみるのもいいかもしれません。

重曹とクエン酸を使った排水管の掃除の仕方
1.重曹とクエン酸を3:1で混ぜ合わせ、排水溝にふりかけます。
2.そこに水をゆっくり流し入れると、ブクブクと泡が出て汚れを浮かせてくれます。
3.30分から1時間ほど放置してから水で流して完了です。

重曹とクエン酸を使う際は、塩素系の漂白剤と併用するのは避けてください。

有毒ガスが発生して大変危険です。

排水溝にたまった水をきれいにする方法は

排水溝の水をきれいにしたい場合は、お掃除をすると良いでしょう。

基本的な排水溝のお掃除の仕方を紹介します。

排水溝のカバーを開けてゴミや髪の毛を取り除き、排水溝のパーツを外せるところは全て外します。

外したパーツにお風呂用の洗剤を吹き付け、スポンジでこすり洗いしていきます。

細かいところは古くなった歯ブラシを使うと細かい汚れがキレイに落とせますよ。

排水溝の中の方も歯ブラシでこすり洗いしていきます。

汚れが落ちたらシャワーで泡を洗い流して、外したパーツを元に戻して完了です。

最低でも半月に1度の頻度で排水溝のパーツ洗いをするといいでしょう。

ゴム手袋をして作業しましょう。

お風呂の窓を開けたり、換気扇を回したりなど換気をよくするのも忘れずにしてくださいね。

排水溝にたまった水が濁っている場合は

排水溝のパーツを外すと水がたまっているのは正常なことですが、掃除していても水が濁っている場合もあります。

そんな時は排水溝の中の水を入れ替えてあげればキレイになるのですが、そのやり方はとっても簡単!

洗面器やバケツに入れた水を排水溝に流し入れます。水はたっぷり勢いよく、高いところから流すことがポイント。

こうすることで排水溝の中の水が撹拌され、キレイな水に入れ替えができます。

月に数回継続的にお水の入れ替えができれば完璧です。

日々できる予防方法は

どうしてもつまりが取れない場合は業者に頼むことになります。

予想外の費用や時間もかかりますよね。

そんなことにならないように、日頃から排水溝がつまらないように予防することが大切です。

ヘアキャッチャーの髪の毛やゴミをこまめに取るようにする

排水溝のヘアキャッチャーは常にキレイにしておくと良いでしょう。
ビニール袋を手にはめて髪ゴミを掴み、くるっと裏返してそのまま捨てれば手を汚さずに処分できますよ。

液体パイプクリーナーを定期的に使う

液体パイプクリーナーは定期的に使うことでつまりを予防してくれる効果も!
いつものお風呂掃除の仕上げに液体パイプクリーナーを使うとつまりの予防につながります。

排水溝用のネットやシートを使う。

排水溝に設置して、ゴミがたまったら捨てて取り替えるだけの便利アイテム。
ネットやシートを付けることで、汚れも付着しにくくなるのでオススメですよ。

まとめ

排水溝がつまって水がたまると雑菌も増えるので不衛生ですよね。

放置すればするほど排水溝のフタを開けるのが憂鬱になってしまいますので、定期的にチェックしましょう。

半月に一度ほどのパーツ洗いと、今回紹介した予防方法でつまり知らずのお風呂でさっぱりしたいですね。

コメント