エアコンクリーニングを自分でしない方が良い理由を徹底解説

掃除

一年を通して使用頻度の高いエアコンですが、使い続けているうちに効きが悪くなったり、カビが生えて嫌な臭いがしてきたりしますよね。

最近で、エアコン用洗浄スプレーがドラッグストアーやホームセンターなどで気軽に手に入りますが、エアコンのクリーニングって自分で簡単にできるものなんでしょうか?

それとも、プロの業者に頼んだ方がいいのでしょうか。

今回は、エアコンクリーニングを自分ではしない方がいい理由について解説していきますので、参考にしてみてください。

しないとどうなる エアコンクリーニングは必要?

ところで、エアコンのクリーニングは絶対に必要なものなのでしょうか?

エアコンのクリーニングをしないままでいると、フィルターにほこりが溜まって効きが悪くなり、その結果電気代がかかります。

また、エアコン内のほこりが排水管の詰まりを起こし、外に排出されるはずの冷却水が逆流する原因にもなりますし、故障の可能性もあります。

内部にカビが発生しひどくなると、エアコンを使うたびに部屋に胞子をまき散らすことにもなり、アレルギーや肺炎の原因になるなど健康にもよくありません。

以上のことから、エアコンを快適に使うためには定期的なクリーニングが必要だと言えます。

本当に必要なエアコンはクリーニングの頻度

では、エアコンのクリーニングは、どのくらいの頻度でやればいいのでしょうか?

自分でもできるフィルターの掃除ですが、一般的には月に2~3回が理想だそうです。

しかし、エアコンの使用頻度やほこりのアレルギー、室内飼育のペットの有無によって、必要な回数はそれぞれのご家庭で変わってくるでしょう。

また、自分ではなかなかクリーニングがしにくいエアコンの内部の方は、一年に一度くらいの頻度で、きれいにクリーニングした方が良いようです。

ご家族にアレルギーの人がいなかったりペットを室内で飼っていなかったりする場合は、もう少し期間が空いても大丈夫のようですが、エアコンの使用時に嫌な臭いがしてきたらクリーニングが必要なサインでしょう。

エアコンクリーニングは自分でできるの?しないほうがいいの?

さて、簡易的なフィルターの掃除ではなくエアコン内部のクリーニングの方ですが、自分でできるものなのでしょうか?

最近では、エアコンクリーニング用の洗浄スプレーが市販されていて、ドラッグストアーやホームセンターなどで簡単に手に入ります。

フィン用や送風ファン用など、パーツごとに専用の洗浄プレーがあり、他のパーツにかからないようにマスキングテープをしたり、ビニールシートで覆ったりして、各パーツごとにクリーニングすることが可能なようです。

しかしながら、複雑なエアコンの内部を細部まできれいにすることは、素人にはなかなか難しいように思います。

洗浄スプレーが電装部にかかったことが原因で故障や事故につながる危険性もありますので、自分でクリーニングをするときにはしっかりとした知識と準備が必要になります。

それぞれの洗浄スプレーに使用方法や注意事項が説明されていますので、自分でエアコンのクリーニングをする場合は、説明に従い充分に注意しながらやらなければなりません。

ちなみに、エアコンのメーカーでは、自分でのクリーニングを推奨していませんので、何かあった場合は自己責任になってしまいます。

ですので、なるべくなら安易に自分ではしないで、業者に頼んだ方がいいのではないかと思います。

自分でエアコン内部の掃除をするのは難しい

業者がエアコンのクリーニングをするときは、ある程度部品を分解して、ひとつひとつ洗浄をしてもらえます。

また、専用の道具やクリーナーを持っていて技術もありますので、短時間で内部まで徹底的にきれいにすることができます。

自分でクリーニングをした場合は、どうしてもプロに比べると限界があり、中途半端になってしまいます。

せっかく苦労してクリーニングをしても、すぐに嫌な臭いが復活してしまうとがっかりしてしまいますね。

エアコンクリーニングをプロに任せたほうがいい業者選びのポイントは

エアコンクリーニングをプロに任せる場合、業者を選ぶときのポイントは何でしょうか?

下記のことについてしっかりとした業者は、信頼できるいい業者ではないかと思います。

料金とサービス内容の設定が明確になっていること

表示されている金額やサービス内容が曖昧ですと、依頼をした後から次々とサービスを追加され、高額になってしまう恐れがあります。

明示されている金額でどこまでやってもらえるか、追加料金はかからないかなど依頼前にしっかりと確認をしましょう。

お掃除機能付きのエアコンクリーニングをしてくれる業者か

最近お掃除機能付きのエアコンが人気がありますが、内部に複雑な機能が組み込まれているため、クリーニングを受けてもらえないこともあります。

お掃除機能付きのエアコンのクリーニングをも受けてくれる業者は、それだけ技術を持っているということですので、安心してクリーニングを任せられると考えてよいでしょう。

地域の限定はないか、土日や夜間は受け付けてくれるか

受けてくれる地域が限られてしまうと依頼できない場合もありますし、土日や夜の遅い時間でも受けてもらえないと、平日お仕事がある場合なかなか日程が決まらない可能性があります。

クリーニングができる地域や時間に臨機応変に対応できる業者の方が、頼みやすいですね。

対応の時の態度や話し方が丁寧か

依頼をした時の対応や当日の態度などが悪いと、クリーニングもしっかりとした仕事をしてくれないのではと心配になってしまいます。

こちらの質問や確認にしっかりと受け答えをしてくれ、きちんとした態度の業者さんの方が安心して依頼できますよね。

他にも、二台めからの割引があるか、防カビ・抗菌の対応をしてくれるか、損害賠償保険
に入っているか、ネットでの口コミの評判はどうかなどが、判断材料として挙げられます。

以上の項目になるべく多く当てはまる業者さんほど信頼できますし、頼むのならそういう
業者さんの方が良いでしょう。

エアコンクリーニングにかかる料金・時間は

エアコンのクリーニングにかかる料金は、業者によって金額にばらつきはありますが、極端に安い場合は、基本のクリーニングは簡単なものでオプションにより高くなっていく可能性があります。

また、金額が高い場合は、パーツごとに分解して時間をかけて丁寧にクリーニングしてくれる可能性があります。

一般的なクリーニングの料金とかかる時間は、お掃除機能なしの方が10,000円前後で1時間半~2時間ほど、お掃除機能付きの方が15,000円~20,000円程度で3時間ほどのようです。

エアコンのタイプや使用頻度などで、金額も作業時間も変わってきますので、依頼前に複数の業者から見積もりを取り、納得した内容と金額の所を選んだ方が良いでしょう。

エアコンのクリーニングは、個人でやるにはしっかりとした知識と慎重な作業が必要となりますし、やり方を誤ると、故障したり事故に発展したりする恐れがありリスクを伴います。

一方、業者に依頼するとコストはかかってしまいますが、エアコンを長く快適に使用することができますので、長い目で見るとこちらの方がお得でいい選択なのかもしれません。

コメント