プラスチックの黄ばみに効果発揮!オキシクリーンの漂白力

掃除

長く使っていると黄ばんでしまうものに、プラスチックの製品があります。

黄ばみの原因は様々ですが、黄ばみをそのままにしておくとなんだか古びて見えてしまい、見た目がよくありませんよね。

プラスチックの黄ばみは、どうすればきれいに落ちるのでしょうか。

黄ばみに強い漂白力を発揮するもののひとつにオキシクリーンがありますが、今回はプラスチックの黄ばみにオキシクリーンは効果があるのかどうか調べてみましたので、参考にしてみてください。

プラスチックの黄ばみの原因とは?

まずは、黄ばみができる原因を挙げてみました。

プラスチックの黄ばみは、表面に食べ物の汚れやニコチンなどが付着したことにより発生することがあります。

この場合は、使用することによってついた汚れが原因ですので、黄ばみが発生してから時間がたっていなければ楽に落とすことができます。

また、プラスチックに含まれる酸化防止剤が化学変化を起こした場合にも、黄ばみの原因となることがあります。

この場合は、使用せずに長期間しまいっぱなしになっていたものが、いつの間にか黄ばんでいることが多いのですが、少々時間がかかるものの黄ばみを落とすことは可能です。

さらにプラスチックの黄ばみは、紫外線に長く当たることが原因で起こる場合もあります。

この場合の黄ばみは経年劣化による変色ですので、落とすのは困難になります。

プラスチックの黄ばみ落とせるアイテムにはどんなものがある?

これらの黄ばみを落とすものの候補としては、メラミンスポンジや除光液、オキシドール、酸素系漂白剤などが挙げられます。

メラミンスポンジは水と一緒にこするだけで簡単に黄ばみが落ちますが、一緒にプラスチックの表面も削り落としてしまいます。

ですので、使用するときはなるべく軽めにこする程度に留め、傷をつけたくないものや、表面に何らかのコーティングをしてあるものに対しては、使用をひかえた方がいいでしょう。

除光液にはシンナーが含まれますので表面を溶かしてしまう危険性がありますが、メラミンスポンジでこすることによって、劇的に黄ばみを落とすことができます。

こちらも表面を傷めたくない場合は、使用をひかえた方がいいでしょう。

また使用時にはビニール手袋をつけ、換気にも気をつける必要があります。

オキシドールは、キッチンペーパーにしみ込ませて貼り付け、黄ばみを漂白することができますので、つけ置きができない物の黄ばみを落とすのに便利です。

また、酸素系漂白剤は、つけ置きすることで黄ばみを落とすことができます。

漂白に時間がかかる落ちにくい黄ばみでも、長時間つけ置いて放置しておけばいいので便利です。

漬けおきしている時に紫外線を当てると更にきれいに漂白できるようですので、日の当たる場所でつけ置きをすると良いでしょう。

酸素系漂白剤の中には、皆様にお馴染みのオキシクリーンがあります。

以下にオキシクリーンについてのご紹介をさせていただきます。

オキシクリーンってどんなアイテム?どんなことに使えるの?

オキシクリーンは、最近ではすっかりお馴染みになった人気アイテムです。

以前は通販やコストコなど購入方法が限られていましたが、最近ではドラッグストアやホームセンターでも取り扱っているところが増えつつあり、比較的楽に手に入るようになりました。

弱アルカリ性の性質で、油汚れや皮脂汚れ、カビなどに強く、キッチン、お風呂場、トイレのお掃除だけでなく色柄物を含めた洗濯にも使え、大変重宝します。

40~60度のお湯に溶かすと漂白力がアップし、つけ置き洗いがより効果的です。

塩素系の漂白剤と比べると臭いがきつくないので使いやすく、使用後は分解されるので環境にも優しいアイテムです。

使用するときの注意点としては、換気扇を回したり窓を開けたりして換気を良くし、手荒れを防ぐためにゴム手袋をつけて使いましょう。

洗濯するときには、ウールやシルクの素材のものには使用することができませんので、ご注意ください。

また、お掃除のとき、畳や革製品、ウールのカーペット、金属製品、大理石などには使用をひかえましょう。

オキシクリーンにはアメリカ版と日本版の二種類があります。

ふたつの違いは、アメリカ版には界面活性剤が含まれていることと、香りが多少強いことです。

洗浄力など効果にはそれほど違いがないようですので、お好みの方を使ってください。

オキシクリーンで効果的に黄ばみを落とす方法は?

以上のように、オキシクリーンは用途が多く幅広く使えるアイテムですが、酸素の力で黄ばみを落とすことも可能です。

プラスチックの容器の内側や、つけ置きができるサイズのプラスチック製品の黄ばみについては、一番汚れが落ちるとされている40℃から60℃のお湯に適量のオキシクリーンを溶かしつけ置きすると、効果を最大限発揮してきれいに黄ばみを落としてくれるでしょう。

黄ばみが発生してからそれほど時間が経過していなかったり、黄ばみの程度が軽かったりする場合は、それほどつけ置き時間をかけずに落すことが可能です。

しかし、化学変化や経年劣化による黄ばみの場合は、黄ばみが落ちるまでに時間がかかり、長いと数日以上かかる場合もありますが、つけたまま放置しておけばいいのでそれほど手間はかからず済みます。

また、オキシクリーンも、他の酸素系漂白剤と同様に紫外線に当てながらつけ置きすると、より効果があるようです。

しかし、表面が損傷するほど劣化しているような経年劣化による黄ばみの場合は、あまり効果が期待できないばかりか、更に劣化してしまう可能性がありますのでご注意ください。

オキシクリーンが高い効果を発揮できるのは、40℃から60℃の温度の水に溶かしてつけ置き洗いをしたときですので、つけ置きが可能なものへの使用が向いています。

機械が内蔵されているものの外側や、どこかに取り付けられているようなものの場合は、可能でしたら分解したり取り外したりしてつけ置く方が、黄ばみがきれいに落ちるでしょう。

水洗いができない大きなものや分解、取り外しが難しいものは、メラミンスポンジによる研磨や、水洗い不要なオキシドールを塗布することによって、黄ばみを落としたり薄めたりする方がやりやすいでしょう。

オキシクリーンによるつけ置きが難しい場合は、状況に応じて他の黄ばみ落とし可能なアイテムをご使用になってみてください。

プラスチック黄ばみにはいろいろな原因があり、黄ばみ落としに使えるものにもいろいろなアイテムがあることがありました。

それぞれの材質や大きさによって使いやすいアイテムがありますので、状況に応じたアイテムを選択して黄ばみを落とし、プラスチックのきれいな外見を取り戻しましょう。

コメント