IHで使えないフライパンを使えるようにする裏技ご紹介

調理

キッチンでIHをお使いのご家庭は年々増えていますが、お手持ちのIH対応ではないフライパンの扱いに困ってしまったことはありませんか?

引っ越しやリフォームでキッチンがIHになり、今まで使っていたガスコンロ用のフライパンが使えず収納の奥に眠ったままになってしまっているケースは、結構あるのではないでしょうか。

そんなIHでは使えないフライパンを使えるようにする裏技が、実はあるのです。

今回ご紹介させていただく方法は、使えずしまいっぱなしになっているフライパンのご使用がIHで可能となりますので、参考にしてみてください。

IHで使えないフライパン、どうして使えないの?

ところで、IHで使えるフライパンと使えないフライパンがあるのはどうしてでしょうか?

ホームセンターなどの調理器具売り場に行くと、IH対応の調理器具とそうでない調理器具、両方使えるものなど、それぞれ区別されて売られていますよね。

IHで使えるフライパンとそうでないフライパンの違いは、いくつかあります。

IHはガスレンジと違って火は起こさず、電磁誘導加熱という仕組みで電流により熱を起こします。

そのため、電流で温まらない材質では調理ができませんので、IHでは使用することはできません。

では、実際IHでは使えない調理器具の材質には、どんなものがあるのでしょうか?

ガスコンロでは使えるのにIHでは使えない材質には、アルミやセラミック、陶磁器、耐熱ガラスなどが挙げられます。

これらの材質でできているフライパンやその他の調理器具は、電流で加熱することができないためIHでは調理ができません。

また、調理器具の底の直径や形状もIHで使えないことに関係しています。

それぞれのメーカーによって多少の違いはあるかもしれませんが、一般的にはIHでは12㎝~26㎝のサイズのものが使用可能なようです。

このサイズに当てはまらないものをご使用になりますと、エラーで加熱できなかったり、熱の伝わり方にむらが出たり過熱で安全に調理できなかったりしますので、必ず各メーカーの仕様書にあるサイズで用意する必要があります。

形状につきましては、底の中央にそりがあったり、底に足があったり丸かったりするフライパンは、過熱に繋がる危険性がありますのでご使用になれません。

IHで使えないフライパンを使えるようにするには?

では、IHで使えないフライパンを使えるようにするには、何か方法があるのでしょうか?

この問題は、“ヒートコンダクター”というアイテムを使えば簡単に解決します。

ヒートコンダクターは、IHのトッププレートとIHでは使えないフライパンの間に設置することによって、電流の熱をフライパンに伝え、IH対応ではなくても使えるようにするのです。

また、ヒートコンダクターは電流の熱を通しすぎるIH非対応のスキレットでも、高温になりすぎず安全な温度で調理できるという利点もあります。

ただし、一見便利なヒートコンダクターですが、注意点もありますので知っておいてください。

あくまでもヒートコンダクターは一時しのぎの裏技であって、キッチンがIHなのにヒートコンダクターを使いながらIH非対応の調理器具を使い続けるのは、現実的ではありません。

お気に入りの調理器具が引っ越しやリフォームによって使えなくなってしまったというような、イレギュラーな場合に応急処置として使うものとご理解ください。

その理由は、本来ならIHで使えないフライパンを無理やりヒートコンダクターで使えるようにするわけですから、熱効率が悪く光熱費が余分にかかってしまうからです。

また、ヒートコンダクターを購入するにあたり2,000円から3,000円ほどかかりますので、IH対応のフライパンを新しく買うのと、それほど変わらない金額になってしまう可能性もあります。

IHで使えないフライパンを無駄にしないための他の方法はある?対策は?

今後引っ越しによりキッチンがIHになる可能性のある方は、新しくフライパンや調理器具を購入する場合、IHでもガスコンロでも使用できる兼用のものか、とりあえずはIH対応のものを選択しておくと無難かもしれません。

ガスコンロでは、IH対応の調理器具も使用が可能なのです。

また、キッチンをリフォームしたり新しく家を建てたりする場合は、IHにするならオールメタル対応にするという選択もあります。

オールメタル対応はすべての金属の調理器具に対応可能ですので、今までIHでは使用できなかったアルミや銅の調理器具でも使用することができます。

しかし、通常のIHに比べ高額になりますので、そのためにオールメタルのIHを躊躇する場合は、一口だけをオールメタル対応にすることもできます。

この場合、金額を抑えながら、お手持ちのIHでは使えないフライパンや調理器具をそのまま使用することが可能です。

さらに価格を抑えるには、ラジエントヒーター付きのIHという選択もあります。

ラジエントヒーターは、オールメタル対応でも使えない土鍋や超耐熱ガラスの調理器具も使用することができ、他の仕様より安価で済みます。

ただし、オールメタル対応やラジエントヒーターにもデメリットがあります。

どちらもヒートコンダクターと同様で、熱効率が悪く調理時間と電気代が少々かかることです。

また、ラジエントヒーターはヒーターの部分が直接高温になり、他の二口のIHを使っているような感覚で使用するとやけど等の原因になる恐れがあり危険ですので、使用時には注意が必要です。

まとめ

IHで使えないフライパンを使えるようにするには、ヒートコンダクターを始め、リフォームや新築の機会があったら、キッチンをオールメタル対応やラジエントヒーター付きのIHにするなど、いくつかの方法があることが分かりました。

ご紹介させていただいた方法にはみな、メリットもあればデメリットもありますが、ご参考にしていただいた上でどの方法かがお役に立てるようでしたら幸いです。

今後さらなる開発により、安全かつ経済的なIHの新商品が出てくるといいですね。

コメント