シンク乾くと白くなる簡単な落とし方を伝授!シンク掃除これでピカピカ

キッチン

キッチンのシンクは、一日に何度も使う使用頻度の高い場所です。

ステンレスのシンクがいつもピカピカしてきれいだと、キッチンに立つのが楽しくなりますよね。

けれども、きれいにお掃除しているつもりでも、いつの間にかシンクが白くなっていることはありませんか?

白い汚れが目立つシンクでは、なんだかキッチンが古びて見えてしまいます。

今回は、シンクが乾くと白くなる原因と対処法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

乾いたシンクが白くなる原因はなに

シンクは乾くとどうしてあんなふうに白くなるんでしょうか。

その原因ですが、水道水に含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが、水が乾くことによって白く固まることで起こります。

ミネラルに洗剤やせっけんの残りカスが合わさると、汚れは更に頑固になります。

洗剤でシンクをきれいに洗って水でよく流しても、その水の中にシンクの白くなる原因があるのですから、いつまでたっても白い汚れは落ちないのです。

シンクの白い汚れのお掃除落とし方

それでは、あの白い汚れはどうやって落とせばいいのでしょうか?

白くなる原因の成分はミネラルや洗剤、せっけんの残りカスですが、これらはアルカリ性の性質を持っています。

ですので、酸性のものを使えば中和して汚れを取り除くことができます。

酸性のものというと色々ありますが…キッチンに常備していて気軽に使える“お酢”をお勧めします。

お酢と水を2:1の割合で混ぜ、スプレー容器に入れます。

シンクの白くなった箇所にこのお酢のスプレーを吹きかけ、キッチンペーパーやサランラップを上からかぶせてしばらく放置します。
お酢がアルカリ性の白い汚れを中和し浮かせてくれるので、スポンジでこすり落とした後、水で洗い流せばきれいになります。

お酢には汚れを落とすだけではなく殺菌や抗菌、防臭効果もありますので、洗いあがりのシンクが清潔になります。

お酢のツンとした匂いが気になるという方は、水200mlに対してクエン酸小さじ1を溶かしたクエン酸水も同様に使えますし、クエン酸にも除菌、消臭効果があります。

お酢やクエン酸を使っても落ちない場合は、白くなった汚れはアルカリ性ではない可能性があります。

キッチンでは油汚れなどの酸性の汚れも多くあり、お酢やクエン酸を使うと白く変色することがあるんです。

このような汚れに対しては、アルカリ性のセスキ炭酸ソーダで中和して落とすと効果があります。

セスキ炭酸ソーダは水500mlに対して小さじ1を溶かし、スプレー容器に入れてスプレーして使います。

クエン酸と同じ様に、シンクの白い汚れにスプレーした後、キッチンペーパーやサランラップで覆い、汚れにセスキ炭酸ソーダを密着させてしばらく放置します。

汚れが浮いた後にスポンジでこすり落とし水で洗い流せば、白い汚れはきれいに落ちていますし、消臭効果もあります。

上記で紹介したお酢やクエン酸、セスキ炭酸ソーダはみな、食品や自然由来のものからできていますので、環境にも優しい素材です。

キッチンは食品を扱うところですので、これらのものなら安心して使うことができますよね。

使える洗剤は?何を使えばうまく落とせるの

では、市販の洗剤では何を使えば、シンクのあの乾くと白くなる汚れを落とせるのでしょうか?

酸性の洗剤では、「水回り洗剤 ティンクル」がおすすめです。

ティンクルの成分にはお酢が含まれており、他にも界面活性剤やキレート剤を配合することによって、洗浄力がアップされています。

ティンクルは除菌もでき、排水溝の嫌な臭いやヌメリを落とすこともできますので重宝です。

ただ、こちらの製品もお酢が含まれていますので、使用後はツンとした匂いが多少残ります。

他にも、酸性の洗剤には「茂木和哉 水アカ洗剤」があります。

こちらの洗剤には研磨剤が入っていますので、シンクの白い汚れを研磨しながらきれいに落とすことができます。

また、弱アルカリ性の研磨剤入りの洗剤なら、クリームクレンザーの「ジフ」があります。

粒子が細かい研磨剤を配合していますので、シンクに傷がつきにくく酸性の白くなった汚れをきれいに落としてくれます。

シンクが白くなるのを予防 方法はあるの

水垢に効果のある洗剤を使えば、シンクの白い汚れを落とすことは可能ですが、シンクが乾くと白くなること自体を防ぐ方法はあるのでしょうか?

まめにお掃除をしたとしても、水が乾くと結局白くなってしまうのではお掃除したかいがありません。

白くなるのを防ぐには、一体どうすればいいのでしょうか?

水で濡れたところが乾くと白くなるわけですから、お掃除後にはぞうきんなどで極力水分をふき取り、原因になる水を取り除きましょう。

キッチンのシンクは頻繫に使うので、常に乾燥させておくのは難しいかもしれませんが、使用後に長時間放置することになる夜だけでも水分をふき取っておけば、白くなるのを予防する効果があります。

また、水分がたまりやすいスポンジやタワシなど、シンクになるべく物を置かないようにすることも大切です。

まとめ

キッチンのシンクは、水道からの水を頻繁に使うところですので、ミネラルを含む水道水が乾くと白くなる原因となっている以上、原因を完全に取り除くことは不可能です。

しかし、夜寝る前にシンクの水気をふき取っておくだけでも、白くなるのをある程度予防する効果があります。

シンクは場所がらいろいろな汚れが付きやすいところですので、台所用中性洗剤で汚れが落ちるうちにまめに掃除をして、汚れが頑固にならないようにしましょう。

それでも汚れがたまってしまったら、汚れの種類別に酸性洗剤やアルカリ性洗剤で落としてください。

性質の違う二種類の洗剤は、混ぜると危険ですのでくれぐれも一緒に使わないように気をつけてくださいね。

お酢やクエン酸、セスキ炭酸ソーダなどの自然由来の素材なら、万が一混ざってもそのような危険はなく安心して使うことができます。

ただし、故意に混ぜていっぺんに違う種類の汚れを落とそうとしても、素材同士がお互いを中和して洗浄力がなくなってしまうようですので、別々に使うことをお勧めします。

洗剤も自然由来の素材も、お掃除に使う時には手荒れの原因になりますので、手袋を着用してご使用ください。

汚れの度合いや種類によって洗剤や自然由来の素材を使い分け、ピカピカのシンクをキープしてくださいね。

コメント