100均でも手に入るセラミック包丁を研ぐアイテムとは?

調理

皆様はセラミック包丁って使っていらっしゃいますか?

セラミック製ですからサビることはありませんし、切れ味が良く軽くて使いやすいので人気がありますよね。

けれどももし刃こぼれなどをおこした時は、どうすればいいんでしょうか?

最近では、素人でも簡単に安全に包丁を研げるアイテムが100均でも手に入るようですが、セラミック包丁にも使うことはできるんでしょうか?

今回は、切れ味の悪くなったセラミック包丁を研ぐアイテムが、100均でも売っているかどうか調べてみましたので、参考にしてみてください。

包丁にはどんな種類がある?材質は?

包丁には、用途や素材によってたくさんの種類があります。

例を挙げるときりがありませんが、その中で一般的にご家庭で使われている包丁は、主に以下の通りです。

三徳包丁

万能包丁とも言い、野菜、肉、魚など幅広く切ることが可能で、ご家庭でもなじみのある使い勝手の良い包丁です。

野菜の千切り、みじん切りがしやすいです。

牛刀包丁

三徳包丁に比べて幅は狭く長さは長い包丁で、肉や魚を切るのに向いており、白菜のような大きめの野菜も切りやすいです。

出刃包丁

魚をさばいたり三枚におろしたりするときに使う包丁ですが、硬い骨も切れるように厚みがあり、魚の身がさばきやすいように刃の先が鋭くなっています。

肉を切るのにも使えます。

菜切り包丁

幅が広くて薄く、野菜を切るのに適しています。

パン切包丁

細長く、ギザギザした刃をしており、パンを型くずれさせず上手にスライスすることができます。

以上が一般家庭でもよくみられる包丁ですが、材質によって切れ味やお手入れの頻度が変わってきます。

材質が鋼ですと切れ味は非常にいいですが、さびやすく研ぐのが難しいのでやや玄人向きのようです。

ステンレスはそれほど手入れをしなくても長く使えるので、広く一般家庭で使われています。

そして、セラミックは軽くて使いやすくさびないので、人気があり普及しています。

セラミック包丁ってどんな包丁?メリット、デメリットは?

包丁には色々な種類や材質があることがわかりましたが、セラミック包丁とはどんな包丁なんでしょうか?

セラミック包丁は、その名の通り材質がセラミックでできている包丁のことです。

上記でご紹介させていただいた種類の包丁はだいたいどちらも、セラミック製の包丁が売られています。

セラミック包丁は金額もお手頃ですので、どの包丁を選べばよいか迷ってしまうかもしれませんが、まずは用途が多い三徳包丁を購入しておけば間違いがないと言えるでしょう。

セラミック包丁のメリットは、軽いことです。

そのため、お子さんが食事の支度を手伝いたいときでも、使いやすいです。

セラミックはまた、丈夫で切れ味が長く続きますので、それほど研ぐ必要はありません。

金属製の包丁のように、金属特有の鉄臭い匂いが食材に移らないのも大きな魅力です。

ただ、セラミック包丁は硬すぎるために刃こぼれしやすいというデメリットもあります。

かたい野菜や、魚の太い骨を切ると刃こぼれを起こす可能性がありますし、落としたりぶつけたりした時も刃がかけてしまうことがありますので、取り扱いには注意をしましょう。

セラミック包丁を研ぐときに使うアイテムは?使用時の注意はある?

では、セラミック包丁を研ぐときには、どんなアイテムが必要なのでしょうか?

セラミック包丁は、材質が金属ではありませんので、金属の包丁を研ぐときに使うような砥石は使用することはできません。

セラミック包丁を研ぐのに必要なものは、ダイヤモンドシャープナーです。

ダイヤモンドシャープナーとは、スティック状の砥石の表面にダイヤモンドの粒子がついている、とぎ味の良い砥石です。

セラミック包丁の刃にシャープナーを当て、しゅっしゅっと滑らせて使います。

もともとセラミック包丁は研がずに長く使えるものですので、あまり研ぎすぎると包丁が薄くなってしまい、逆に刃こぼれしやすくなってしまう危険性があります。

ですので、半年から一年に一度くらいの頻度で研ぐのが良いようです。

ダイヤモンドシャープナーは100均でも手に入る?

では、セラミック包丁を研ぐためのダイヤモンドシャープナーは、100均でも売っているのでしょうか?

ダイソー、セリア、キャンドゥなどお馴染みの100均では、いろいろなタイプの砥石が販売されています。

その中で、ダイヤモンド粒子を使用した砥石は、セリアで扱っていることがわかりました。

名称は「ダイヤモンドハンディシャープナー」といい、片手で楽々研ぐことができます。

セラミック包丁の刃先の上を滑らせるだけで、簡単に切れ味が復活します。

水にぬらしてしまうとダイヤモンド粒子がはがれやすくなり、とぎ味が悪くなってしまうようですので、包丁をよく乾燥させてから使うようにしましょう。

現時点ではセリアでしかダイヤモンドシャープナーを扱っていないようですが、今後他の
お店でも扱い始める可能性はありますので、100均にお出かけの際にはついでにチェックしてみると良いかもしれませんね。

包丁を研ぐ機会を減らすためにできることはある?

セラミック包丁は硬くて丈夫で、切れ味もよくサビない包丁ですので、使い勝手が良く重宝します。

しかし、ぶつけたり硬いものを切ったりすると刃こぼれをしやすいので、扱い方には注意も必要です。

カボチャやトウモロコシなどのかたい野菜や、硬い骨のある大きな魚などを切るのは、刃こぼれの可能性があるので適していません。

また、セラミック包丁は衝撃に弱いので、食洗機で洗う時なども他の食器と接触しないように、配置に気をつける必要があります。

切れ味が悪くなったり刃こぼれしたりして研ぐ必要が出てしまったときには、一般的な砥石は使わず、必ずダイヤモンドシャープナーを使うようにしましょう。

まとめ

セラミック包丁を研ぐには、ダイヤモンドの粒子が表面についたダイヤモンドシャープナーが必要です。

ホームセンターや大型スーパーなど、包丁が置いてあるキッチンコーナーでもお求めいただけますが、100均のセリアで安価で手に入るのは嬉しいですね。

セラミック包丁を研ぐときには、まずはセリアのダイヤモンドシャープナーをお試しになってみてはいかがでしょうか?

ダイヤモンドシャープナーは、他の材質の包丁にも使えますので、ひとつあると重宝だと思います。

コメント