古米がカビ臭い!?食べられる?カビ対策も教えて

調理

古米とは収穫して1年以上経過したお米のことです。

長期間保存してお米を炊いて食べてみると、カビ臭い・・・なんてことはありませんか?

カビ臭いお米って食べられるの?と不安になってしまいますよね。

古米がカビ臭かった場合食べてもいいのか、お米のカビの対策も調べてみました。

古米がカビ臭いのはどうして?

古米がカビ臭い場合は、お米にカビが生えてしまっている可能性が高いです。

精米したお米を長い間保管していると劣化してしまい、さらに保管場所に色々な悪条件が揃うと簡単にお米にカビが生えてしまいます。

古米をよく見てみましょう。色の変化はありませんか?お米触ってみるとしっとりと湿っていたり、固まったりしていませんか?

赤色、緑色や黒色などいつもとは違うお米の色をしていたら、それはカビの可能性があります。

また、お米を研いだ時のとぎ汁がいつもと違う色をしていても、カビの可能性があるのでよくチェックしましょう。

しかし、古米にはカビのせいではない匂いが発生してしまうこともあります。

古米臭、酸化臭と言われており、酸化が進んだ古米は古びた糠の匂いがしてしまうことがあるのです。

古米の臭いが『カビ』による臭いなのか、ただの『古米臭』なのか正しい判断が必要になります。

カビ臭い古米は食べても大丈夫?

カビ臭い古米は食べられるのでしょうか?

カビが目に見えて生えている場合は、残念ながら食べない方が良いです。

お米に繁殖するカビには毒性が強い種類もあり、食べると腎臓障害を引き起こしたり、

発ガン性も伴ったりなど非常に危険な場合もあります。

もったいないですが、処分した方が良いでしょう。

カビが原因ではない古米臭のするお米なら食べることができるので、カビが生えているかよくチェックしてから食べるようにしましょう。

カビ臭い古米はどうやって食べる?

カビ臭いけど捨てるのももったいないし、どうしても食べたい!という方もいると思います。

カビの臭いはするけどお米にカビが見当たらないという場合は、お米をしっかりとよく洗えばカビを落とせる可能性も。

お米にカビがないか、変色していないかをチェックしながら、しっかりと研いで炊いてみましょう。

古米の研ぎ方は、お米同士をすり合わせるように、手のひらで力を入れてお米を押しながら研ぎます。

臭いがしなくなるまで数回水を替えながら、丁寧に研ぐと良いでしょう。

お米をもう一度精米し直すのも臭いを消す方法のひとつですので、試してみるのもいいかもしれません。

カビが原因ではなく『古米臭のするお米』でしたら食べることができます。

それでも古米特有の臭いがするので、こちらもよく研ぐことが大切です。

炊く時にみりんやお酢、はちみつなどを入れて炊くと、臭いも気にならずに食べられるでしょう。

それでも臭いが気になるなら、チャーハンやちらし寿司などにして食べきる方法もありますね。

古米のカビ対策は?

古米にカビが生えないようにするための対策をまとめてみました。

保管場所に気をつける

気温が20度〜25度、湿度が80%以上ある場所がお米にカビが生えやすい環境といえます。

お米は湿気や高温に弱いので、直射日光の当たる場所や、シンクの下など湿気が多い場所は絶対にNG!

気温の変化が激しいキッチンにそのまま置いておくのも良い環境ではないのでやめましょう。

温度が上がりやすい電子レンジや冷蔵庫の近くもオススメできません。

お米に水分の含むものを近づけない

濡れた手でお米を触ったり、水に濡れた計量カップをお米に入れたりすると、お米にカビが生えてしまう原因になります。

お米を扱うときは手や容器をよく拭き、水分を入れないようにしてください。

密閉できる容器に入れ替える

お米を買ってきたそのままの袋で保管していませんか?

お米の袋は通気性をよくするために小さな穴が空いていて、そこから空気が入り糠が酸化し、古米臭の原因になってしまいます。

酸化の防止、臭い移りや虫の侵入を防ぐためにも密閉容器に入れ替えるのが良いでしょう。

桐の米びつや、軽くて持ち運びに便利なパッキンのついた保存容器など、いろいろ種類もあるので、自分のライフスタイルの合ったものを選ぶと良いですね。

古米にベストな保管場所は?

古米は保管場所が悪いと未開封でもカビが発生してしまうことも・・・
一体どこに置いておけばいいの?!と疑問に思う方もいるでしょう。

お米のベストな保管場所は、湿度や温度が低くて日光の当たらない場所です。

日陰で涼しく、風通しの良い場所に保管すれば古米にもカビが生えにくいでしょう。

15度くらいがお米を保管するのに理想的な気温のようです。

お米の量が少量でしたら、冷蔵庫の野菜室で保管するのもオススメです!

よく洗って乾かしたペットボトルをお米の保存容器にすると、野菜室で立てて入れられるのでとても便利ですよ。

正しい保管場所にお米を保管すると、カビの発生だけでなく、匂い移りや古米臭も防ぐことができます。

美味しく保管してカビや臭いのないお米を食べたいですよね。

まとめ

大切に保管していた古米がカビ臭い・・・なんてがっかりしてしまいますよね。

カビ臭いお米を我慢して食べるのは風味を損なうどころか、健康にもよくありません。

お米にカビが生えないように保管場所に注意し、美味しいご飯を食べましょうね。

コメント