お風呂のつまりにパイプユニッシュが効かないのはなぜ?理由と対処法を解説!

お風呂
スポンサーリンク

お風呂のつまりが発生しているのに、パイプユニッシュが効かないとなると、どうして良いか分からずに、本当に困ってしまうもの…。

パイプユニッシュって、排水溝の汚れとか、つまりを手軽かつすぐに解消してくれるはずなのに、効かないのは一体なぜかすごく疑問に感じますね。

今回はそこで、お風呂のつまりに全くパイプユニッシュが効かない主な理由と、パイプユニッシュの正しい使い方、パイプユニッシュ使用以外のつまり解消法を詳しく解説します!

ぜひ参考にして、厄介なつまりをスッキリとなくしていきましょう。

スポンサーリンク

お風呂のつまりが発生しているのにパイプユニッシュが効かない理由

お風呂のつまりが発生しているにも関わらず、パイプユニッシュが効かないのは、つまり具合が非常に頑固な状態になっているか、パイプユニッシュを正しく使っていないから。

ではより詳しく、お風呂のつまりに、本来ならばちゃんと効くはずのパイプユニッシュが、全然と言っていいほど効かない理由を解説します。

・お風呂のつまり度合いがひどく頑固になっている

お風呂の排水溝のつまりを数ヶ月以上も放っておいてしまうと、汚れが頑固になりひどいつまりが発生してしまっています。

私も以前、一人暮らしをしていた時に、排水溝の掃除をあまりしていなかったので、髪の毛とか汚れがつまってしまい、パイプユニッシュが効かない、ということがありました…。

ちなみに私の場合は、髪が長かったので、余計にお風呂の排水溝がつまりやすかったのです。

頑固すぎる汚れが付着していると、パイプユニッシュが効かないことも多いので、お風呂場の排水溝は3ヶ月おきくらいには掃除した方が良いですよ!

・パイプユニッシュを正しく使っていない

パイプユニッシュが効かないのは、パイプユニッシュを正しく使っていないから。

つまりが発生したお風呂の排水溝にパイプユニッシュを普通に垂らして、そしてすぐに水を流してしまったり、垂らす量が少ないと、効果が十分に発揮されません。

まずはパイプユニッシュの正しい使い方をきちんと頭の中に入れて理解してから、つまりを解消するために活用しましょう。

改めて知ろう!お風呂のつまりを解消するパイプユニッシュの使い方

パイプユニッシュの正しい使い方は、つまりが発生したお風呂の排水溝にボトルに表示されている量をしっかり垂らし、30分ほど経ってから、40℃以上のお湯で一気に流すこと!

この方法をしないと、パイプユニッシュが効かないことが多いんですよ。

私も以前まではパイプユニッシュの使い方って知らなかったのですが、排水溝掃除の際にきちんと正しい使用方法をチェックして、その通りに使ったら、効果が出ました!

パイプユニッシュが効かない時は、使い方が間違っている可能性もあるので、ぜひ正しい使い方を把握していきましょうね。

また、パイプユニッシュを使って、3ヵ月おきにお風呂の排水溝を掃除すれば、もうパイプユニッシュが効かない、ということもなくなりますよ!

お風呂の排水がグッと良くなるので、やっぱりパイプユニッシュは、正しい使い方を知っておくべきなんです。

必ず知っておくべき!お風呂のつまりにパイプユニッシュを使う際の注意点

お風呂のつまり解消の際にパイプユニッシュを使うのでしたら、絶対に他の洗剤を混ぜないようにし、またお風呂場も換気をしておきましょう。

パイプユニッシュって濃度も高く、洗浄力も強いものなので、他の洗剤と混ざってしまうと、有毒なガスが発生する可能性がありますよ!

特に酸性の洗剤と混ざると非常に危険なのでご注意を。

そして、パイプユニッシュを使っている際中は、換気をしないと、強力な成分によって、空気が悪くなってしまうこともあるんです。

換気扇を回したり、窓を開けるなどして、必ず換気をしておきましょうね。

そうすれば安全にパイプユニッシュを使うことが出来ますよ!

お風呂のつまりを解消!どうしてもパイプユニッシュが効かない時の対処法!

お風呂のつまりがどうしてもパイプユニッシュでは解消できないのでしたら、まずラバーカップやワイヤーブラシで排水溝内のゴミを取り除き、重曹とクエン酸を活用すること。

ラバーカップとはよくトイレのつまりを解消するのに使う道具のことであり、ホームセンターやネット通販などで購入できますよ。

もしくは、ワイヤーブラシを排水溝の中に入れて、詰まっているゴミを取り除きましょう。

お風呂の排水溝内のゴミが十分に取り除けたら、重曹をたっぷりと振りかけた後、クエン酸をこちらもたっぷりとスプレーしておいてください。

そしてそのまま15分~30分ほどおいた後、40℃以上のお湯を一気に流せば、パイプユニッシュが効かない場合でも、つまりが消えて排水溝もキレイになりますよ!

重曹とクエン酸スプレーって、何かと掃除に使えるので、家に常備しておくと良いですね!

私も重曹やクエン酸スプレーのヘビーユーザーなので、個人的に常備はかなりおすすめです。

お風呂のつまりが頑固すぎる時は業者に依頼するのもおすすめ!

お風呂のつまりが頑固すぎて、どうしても除去できないときは、専門業者を依頼しましょう。

このままお風呂の排水溝のつまりを放っておくと、流した水が逆流するなどして、大変なことになってしまいます!

そうなる前に、パイプユニッシュを使っても効かなかったり、重曹やクエン酸を使っても改善できないなら、業者を呼ぶと良いですね。

業者につまりを除去してもらうと、確実に排水が良くなるのでとても安心です。

また、どうしても排水溝ないにつまった汚れを掃除するのが嫌だったり、面倒に感じた場合でも、業者を依頼すると良いですよ。

そして業者に依頼してつまりを解消できたら、もうつまりを悪化させないためにも、定期的にパイプユニッシュをお風呂の排水溝に垂らして、予防していってくださいね!

まとめ

お風呂のつまりにパイプユニッシュが効かないのは、排水溝内の汚れが頑固になっているからか、パイプユニッシュを正しく使っていないから。

排水溝はつまり度合いがひどくならないように、こまめに掃除して、パイプユニッシュは正しく使うようにしましょう。

ただしパイプユニッシュを使う際は、他の洗剤と混ぜないようにして、また換気もしておくこと。

パイプユニッシュではつまりが改善できない時は、ラバーカップやワイヤーブラシと、重曹とクエン酸スプレーを使うと良いですよ。

それでもつまりが改善されない場合はぜひ、排水溝掃除の専門業者に依頼をしましょう!

コメント