トイレの黄ばみってカビキラーで除去できる?黄ばみ対策と予防法を解説!

トイレ
スポンサーリンク

トイレの黄ばみをカビキラーでスッキリと落とせるのは本当なのでしょうか?

どうしてもトイレに発生する黄ばみは、なかなかブラシでこすっても落ちないから、見つけるとすごくショックだし困るもの…。

今回はそこで、トイレの黄ばみにはカビキラーが効くのは本当か、そもそもなぜ黄ばみ汚れが出来るのか、またカビキラーを使う際の注意点などを詳しく解説します。

トイレの清潔感をキープ出来るようになり、頑固な黄ばみも簡単に落とせるようになりますよ!

スポンサーリンク

トイレの黄ばみはカビキラーで除去しよう!その手順を紹介!

トイレの黄ばみにはカビキラーが効くのは本当であり、黄ばみ部分にスプレーして放置するだけで簡単に黄ばみが除去できます!

基本的にはトイレの黄ばみ汚れにカビキラーをたっぷりスプレーしたら、15分~30分ほどそのままにしておき、最後に水を流すだけ。

トイレの便器内をブラシでゴシゴシとこする必要もなく、黄ばみはもちろん黒ずみまでもお手軽に落とすことが出来るんですよ。

浴室用の漂白剤であるカビキラーが、なんとトイレの黄ばみに有効だとは、少し驚きですが、カビキラーって強力な洗剤なので、黄ばみ落としに役立つんです。

しかもカビキラーってスプレータイプのものだから、便器内にシュシュッとしておくだけでOK!

ぜひトイレの黄ばみにお悩みなのでしたら、カビキラーを使ってみると良いですよ。

トイレの黄ばみってそもそもなぜ発生してしまうの?

トイレの黄ばみは尿石、要するに尿に含まれているカルシウムなどの成分が結晶化して固まったものなんです。

定期的にトイレの便器内を掃除しておかないと、この尿石が溜まっていき、黄ばみ汚れが発生してしまうんですよ…。

一旦、尿石が固まって黄ばみ汚れになってしまうと、普通のトイレ用洗剤では落とすことが出来ません。

そこで、より強力な漂白剤などの洗浄剤を活用していく必要が出てくるんです。

カビキラーは尿石を壊すのに十分な洗浄力があるので、ぜひカビキラーを駆使していきましょうね。

トイレの黄ばみはカビキラーでなくても塩素系漂白剤なら代用が可能

トイレの黄ばみはカビキラーを使うのが一番ですが、もしカビキラーがなかった場合は、同じ成分である塩素系漂白剤なら代用をすることが出来ますよ。

私もトイレの黄ばみを除去するのに、キッチン用のスプレータイプの塩素系漂白剤を使ったことがあります。

キッチン用の塩素系漂白剤スプレーでも、やっぱりカビキラーと変わらない性質なので、黄ばみも黒ずみもキレイに除去できました。

でも実際のところ、あまりキッチンで使うものをトイレ掃除に使いたくないですよね。

ということでカビキラーを使うのがベストなんです。

ただしカビキラーがない時に限り、他の塩素系漂白剤を使っていきましょう。

ちなみに、トイレの便器内を洗浄する用の塩素系漂白剤も販売されているので、それを常備しておいても良いですよ。

それでもカビキラーはスプレータイプなので、便器内全体にスプレー出来てかなりお手軽といえるでしょう。

トイレの黄ばみをカビキラーなどで除去する際の注意点

トイレの黄ばみにカビキラーなど塩素系漂白剤を使って除去するなら、換気しておくことと、他の洗剤を混ぜないことと、マスクやゴム手袋やゴーグルやエプロンを装着すること。

ではより詳しく、トイレの黄ばみ落としにカビキラーなどを使う際の注意点を解説しますね。

・換気をしておく

カビキラーなど塩素系漂白剤って、かなり強力な洗浄剤なので、気化したものを吸い込んでしまうのは、あまり体に良くありません。

ニオイもきついので、カビキラーを使ってトイレの黄ばみを落とす際は、窓やドアを開けたり、換気扇が付いている場合は稼動させるなどして、しっかり換気してくださいね。

・他の洗剤と混ぜない

カビキラーなどの塩素系漂白剤って他の洗剤、特に酸性の性質を持つ洗剤と混ざると、有毒なガスが発生してしまいます。

そうすると非常に危険なので、カビキラーを使っている時は絶対に、他の洗剤などが混ざらないように注意しましょう。

万が一、他の洗剤を混ぜてしまった時は、すぐに水を流してトイレから脱出してくださいね。

そしてトイレをしばらく換気しておけば、ガスを吸い込むこともないでしょう。

・マスクやゴム手袋やゴーグルやエプロンを装着する

塩素系漂白剤は気化したものを吸い込むだけでなく、手に付着したり、目に入ったりしてもあまり良くありません。

手はよく水洗いすれば大丈夫ですが、それでも付着させないに越したことはないので、カビキラーを使ってトイレの黄ばみ除去するなら、マスクとゴム手袋とゴーグルを装着すべき。

また塩素系漂白剤って衣類に付くと、付いた場所が変色してしまうんです…。

私も以前、塩素系漂白剤をスカートに付けてしまい、白く変色させてしまったことがありました。

そうならないためにも、カビキラーを使う時はエプロンも念のためにしておくと良いですよ。

トイレの黄ばみ除去はカビキラーで出来るけれど予防はどうすべき?

トイレの黄ばみ除去はカビキラーで簡単に出来ますが、黄ばみ予防はこまめな掃除と、カビキラーを週に1回はスプレーするのがおすすめですね。

基本的に、トイレの掃除は出来れば1週間に1回の頻度ですること。

そしてその際、カビキラーでトイレの便器内を洗浄しておきましょう。

すると黄ばみが発生することもなく、キレイなトイレを維持できるんですよ。

私も1週間に1回の頻度で、塩素系漂白剤を使ってトイレ掃除しているので、黄ばみや黒ずみが発生したことがありません。

定期的な掃除が黄ばみ予防の近道なので、ぜひトイレはこまめにキレイにしておきましょうね!

まとめ

トイレの黄ばみはカビキラーをはじめ、塩素系漂白剤を使えば簡単に除去できます。

カビキラーをスプレーしてから15分~30分放置し、そして水を流すだけで、黄ばみが落ちるので大助かりですよ!

ただしカビキラーなど塩素系漂白剤は強力なので、吸い込まないようにしたり、肌や目や服に付かないようにしましょう。

換気をするのも忘れずに。

そしてこまめに塩素系漂白剤をスプレーすれば、もう黄ばみ汚れが発生することもないので、ピカピカなトイレをキープ出来ますよ!

トイレ
スポンサーリンク
happy-style

コメント