洋服のシミ時間が経った汚れ別シミ取り法

洗濯
スポンサーリンク

シミ取りはできるだけ早く行うことが大事。そう言われても、シミの存在に気付かなかったり、外出先だったりして時間が経ってしまうことってありますよね。

シミのついた洋服を見て、「もうシミは取れないか…」と諦めていませんか?

ちょっと待ってください!

正しい方法を試せば、時間が経った洋服のシミでも落とすことができるのです。

この記事では、洋服にシミがついてしまいがちな4つの汚れ別に時間の経ったシミの落とし方をご紹介します。

スポンサーリンク

カレーのシミの落とし方

カレーを食べるときは白いTシャツを着るなと言われているほどカレーといえばシミになるし、ついた汚れは落ちにくいですよね。

しかし、そんなカレーのシミでも落とす方法はあるのです。

今回は3つの方法をご紹介しましょう。

【直接洗剤を塗る方法】

    1. 酸素系漂白剤を用意する。
    2. シミに直接酸素系漂白剤を塗布する。
    3. 通常の洗濯を行う。

【漬け置く方法】

    1. 40~60℃のお湯に、使用する酸素系漂白剤に記載されている通りに希釈する。
    2. 2時間ほど漬け置きして様子を見る。
    3. シミが落ちていたら軽く絞った後に通常の洗濯を行う。
    4.  落ちていなかった場合は洗酸素系漂白剤を直接シミに塗り、古歯ブラシ等でトントンと叩いてシミ抜きをする。

【デリケート素材についたシミを落とす方法】

    1. シミの下にタオルを敷く。
    2. シミの上にクレンジングオイルを垂らす。
    3. 綿を輪ゴムで数本まとめたもので優しくトントン叩きタオルにシミを移していく。
    4. ぬるま湯ですすぎ、洗濯できる場合は洗濯機へ。

上記の方法を試してもカレーの黄ばみが消えない…という場合は日光に当ててみてください!

カレーの黄ばみはクルクミンという色素が原因です。

クルクミンは紫外線に弱く、日光に当たると分解されるという性質を持っています。

そのため日光、つまり紫外線に当てることで黄ばみが消えるのです。

ファンデーションの落とし方

汗ばんだまま着替えていると、襟元にファンデーション汚れがついてしまった!という経験はありませんか?(私はあります。)

急いで着替えているとその時は気付かず、次にその洋服を着ようとしたときに気付いて大慌て、ということがよくあります。

そんな気付いたらついているファンデーションのシミを落とす方法を3つご紹介します。

【クレンジングオイルを使用する方法】

    1.  シミの上にクレンジングオイルを垂らす。
    2. 古歯ブラシ等でたたく。
    3.  薄めた衣料用洗剤や食器用洗剤でシミ全体をたたいて落とす。
    4. ぬるま湯で軽く揉み洗いする。
    5.  通常の洗濯を行う。

【洗濯用洗剤を使用する方法】

    1.  シミの上に液体洗濯用洗剤の原液を垂らす。
    2. 爪先などで細かくつまみ洗いする。
    3. 水ですすぎ、きれいになっていたらそのまま洗濯機へ。
    4. シミが残っていた場合は40~60℃のお湯に酸素系漂白剤を入れて漬け置き。
    5. 漬け置き後に水ですすぐ。

【ウタマロクリキッドを使用する方法】

    1. シミの上にウタマロリキッドを垂らす。
    2. 揉み洗いする。

油性ボールペンのシミの落とし方

誰しも、うっかり油性ボールペンを服につけてしまった経験は1度や2度ではないはず。

油性ボールペンのシミってなかなか落ちないですよね。

今回は少し工夫するだけで簡単に落とすことができる方法をご紹介します。

  1.  シミのついている部分を裏返してタオルを差し込む。
  2.  シミの裏側からアルコールをかけて軽くなじませる。
  3. インクが浮き上がってきたらタオルに移すように古歯ブラシ等で叩く。
  4. 流水ですすぐ。
  5. 通常の洗濯を行う。

血液のシミの落とし方

特に女性の場合、血液が洋服につくことってありますよね。

血液がついてすぐならば水洗いで落とせるけれど、外出先だとなかなか難しいですよね。

しかし、少し手間をかければ落とすことは可能です。

そのとき注意したい点が、必ず水を使って洗うということです。

なぜなら、血液はお湯で洗うと固まってしまうからです。

では、その点を踏まえて2つの落とし方をご紹介します。

【中性洗剤を使用する方法】

    1. シミの部分に水を染み込ませる。
    2. バスマジックリンなどの中性洗剤をつける。
    3. しばらく放置。
    4. しっかりすすいだ後に通常の洗濯を行う。
    5. シミが残っていれば中性洗剤を付け足し軽く揉みこんだ後水につけて揉み洗いする。

【セスキ炭酸ソーダを使用する方法】

    1. セスキ炭酸ソーダを水に溶かす。
    2. シミがついている部分のみ①に入れて漬け置く。
    3.  血液が浮いてきていたら揉み洗い。
    4. 通常の洗濯を行う。

下記のように市販のセスキ炭酸ソーダ水を活用する方法もありますよ。

まとめ

今回は4つのシミ取り法をご紹介しました。

今回紹介した4つのシミができた経験は皆さんもあるのではないでしょうか?

シミができたらすぐに対処することが1番大事ですが、すぐに対処できないときも当然ありますよね。

そんなときでも諦めずに、ぜひ今回紹介した方法を試してみてくださいね!

洗濯
スポンサーリンク
happy-style

コメント