鍋のひどい焦げ付きってどうすれば良いの?効果的な落とし方と予防策とは!

キッチン
スポンサーリンク

鍋やフライパンなどのひどい焦げ付きって、具体的にどんな落とし方をすれば良いのか知っておきたいもの!

料理しているとついうっかりして、鍋にひどい焦げ付きが出来てしまった、ということもありますよね。

今回はそこで、鍋やフライパンなどのひどい焦げ付きの効果的な落とし方をご紹介!

すぐにでも試せるものもあるので、ぜひともひどい焦げ付きの落とし方の参考にしてみてくださいませ。

スポンサーリンク

鍋のひどい焦げ付きはクレンザーとメラミンスポンジを使った落とし方を!

鍋やフライパンなど調理器具のひどい焦げ付きは、クレンザーとメラミンスポンジを活用する、という落とし方をしましょう!

まずひどい焦げ付きにクリームタイプのクレンザーをたっぷり垂らします。

後は水で濡らして硬く絞ったメラミンスポンジで、焦げ付き部分をこすっていきましょう。

ひどい焦げ付きであっても、クレンザーとメラミンスポンジのタッグで、かなり効果的な落とし方になりますよ。

私も以前、焦げた鍋の底に、クレンザーを使った落とし方を実践してみたことがありますが、本当にちゃんと焦げが落とせました!

焦げ付きがひどい場合でも、そんなにまだ時間が経っていないなら、クレンザーとメラミンスポンジの組み合わせで、上手くそして効果的に、焦げ付きを除去できますよ。

メラミンスポンジなら、多少力を入れてこすっても、そこまで鍋やフライパンにダメージを与えないので心配いらずでしょう。

クリームタイプのクレンザーは、何かと焦げ落としに使えるので、キッチンに常備しておいた方が良いですね!

鍋のひどい焦げ付きの落とし方なら重曹で煮るのも効果的

鍋やフライパンの中にひどい焦げ付きが出来てしまった時には、重曹で煮てから一晩浸けおきしておく、という落とし方もあります。

ひどい焦げ付きって、なかなかこすっていくという落とし方は大変ですよね。

そこでまずは、水を焦げ部分が浸るくらいに注いでから、重曹を大さじ1~2杯入れ、火にかけて沸騰させましょう。

沸騰したら弱火で10分煮ていき、10分後は火を止めて、そのまま一晩浸けおき洗いしておいてください。

翌日、水を流せば、柔らかいスポンジで軽くこするだけで、中のひどい焦げ付きでも、簡単に落とせるようになっていますよ!

私も以前、この方法で鍋の焦げを除去したのですが、本当に気持ち良いくらいに焦げ付きが除去できたので、すごいと思ったほど。

落とし方も割と簡単なので、個人的に特におすすめする焦げ付き落としの方法です。

ひどい頑固な焦げ付きにはお酢を使うのもおすすめな落とし方!

時間が経ってしまって、しかも頑固でひどい焦げ付きの落とし方は、重曹ではなく、水とお酢を入れて沸騰させて浸けおきする、という方法も適していますね。

特にステンレスやアルミやホーロー鍋や土鍋に、ひどい焦げ付きが出来た際に、ピッタリな落とし方なんですよ。

焦げた部分が浸かるくらいに水を入れたら、お酢を大さじ4~5杯入れましょう。

そして火にかけて沸騰してきたら、弱火にして10分間煮ていきます。

10分後、火を止めたら中の水を捨て、火傷に注意をしながら、柔らかいスポンジで、焦げ付き部分をこすり洗いしてくださいね。

この時、鍋やフライパンはすごく熱いので、ゴム手袋を装着してこすり洗いするのが良いでしょう。

熱々の状態でないと、しっかり焦げ付きが落とせないので、十分に火傷に気を付けつつ、焦げ付きを除去してくださいませ。

重曹ではなくお酢を使った落とし方もあるなんて、かなりお手軽で良いですね!

もし重曹の落とし方がダメだった時は、お酢を使っていきましょう。

天日干しでひどい焦げ付きが落とせる?意外な落とし方を解説

実はなんと、日光に1週間焦げ付き部分を当てていく、という落とし方もあるんですよ!

上手く直射日光が当たる場所に、ひどい焦げ付きのある鍋やフライパンを置いておきましょう。

そしてこの天日干しを1週間続けます。

1週間経ったら、割り箸や少し硬めのスポンジを使って、焦げ付き部分をこすると、落とせるようになりますよ。

ただこの方法は日数もかかるし、ずっと天日干しにしておかないといけないので、クレンザーや重曹やお酢がダメだった場合のみ、実践していきましょう。

鍋のひどい焦げ付きの落とし方は大変!焦げ付きを予防するには?

鍋やフライパンにひどい焦げ付きが発生させないためには、強火で放置せず、油は多めに使い、煮込み料理は適度にかき混ぜる、使い終えたらすぐ洗うなどをしましょう。

ではより詳しく、鍋やフライパンにひどい焦げ付きを発生させない予防策をお教えします。

強火で放置しない

強火で鍋やフライパンを放置してしまうと、焦げ付きが発生しやすくなります。

私も強火にし過ぎて、鍋を焦がしてしまったことがあるんですよ…。

焦げ付きは厄介なので、火加減には注意しましょうね。

油は多めに使う

炒め物などをする時は、油は多めに使った方が良いですね。

もし油の使い過ぎでカロリーが気になるなら、炒めている際中に、キッチンペーパーで余分な油を拭き取ると良いですよ。

炒めはじめの段階では、油はなるべく多めにしておくと問題なしです。

煮込み料理は時々かき混ぜる

煮込み料理を作った時は、時々中身をかき混ぜるなどして、ずっと鍋底に食材が接地していることのないようにしましょう。

そうすれば焦げ付きも防げます!

使い終えたらすぐに洗う

鍋やフライパンは使った後はすぐに洗うことで、焦げ付きを予防できるもの。

私も鍋やフライパンは、なるべく早めに洗うことを心掛けているので、最近は焦げ付きすることもかなり減りました。

早めの洗浄も効果的なので、ぜひ実行してくださいね。

まとめ

鍋やフライパンのひどい焦げ付きの落とし方は、クレンザーとメラミンスポンジを使うか、重曹かお酢を入れて沸騰させて煮込んでいくか、天日干しにすることですね。

私としては、重曹を使った方法が本当に効果を実感できたのでおすすめします。

そして鍋やフライパンにひどい焦げ付きを発生させないためにも、火加減などに気をつけ、早めに洗うなど予防策をしていきましょう!

キッチン
スポンサーリンク
シェアする

コメント